美顔器を買いに

美顔器のことを知ってから1週間後くらいにやっと私は扶洋サロンを訪ねることができました。

扶洋の美顔器は誰かの紹介がありはじめて体験することができます。体験しなければ美顔器を購入することはできません。

私に美顔器を紹介してくれた女性は、たまたまそのとき遠く離れてすんでいましたので、私はたった一人でサロンに乗り込みました。
そして、担当の方に、「美顔器売ってください。」とお願いしました。
でも、あっさりと断られました。
美顔器は3回体験した後にしか売れませんと言われました。
ハンコまで持ってきたのに…(ToT)

そして、2週間くらいかかってやっと3回の体験も終わり、健康な肌の私は、とくに気をつけることもなく購入を許されました。

当時私は貯めていたお金を全て使い果たした後で、貯金も何もなく(ハズカシイ)最初から、ローンで払うつもりでした。

今考えると結構びっくりなのですが、48回ローンを扶洋サロンで組みました。月々5,000円くらいの支払いと、ボーナス時に2.5万円くらいの支払いでした。

さすがの私も、40万円の美顔器を買うために少しは悩みました。
ただ、私の場合、基礎化粧品、そのほかそれを補う美容液などに毎月1万円は使っていました。
とすれば、1月5,000円のほかに少々の扶洋の基礎化粧品を買っても、やっていけるのではないかな?という考え(結構適当)でした。

いくら良い化粧品を買ってつけてみてもたいしてかわりばえしない肌を少しでも彼女(美顔器を紹介してくれた)に近づけることができたら高くないと判断しました。
これは、私が勝手に思っただけですがー(^-^;
posted by suzune at 14:14 | Comment(0) | 扶洋サロン

扶洋サロンでの人間関係

イメージ

扶洋サロンに紹介されて行くと、普通、美顔器を紹介してくれた知り合いと、美容と美顔器の知識を持った(扶洋の中で)資格を持った人が対応してくれます。

これが、なんとなく勧められてサロンに連れられて来た人にとっては「押し売り」が始まったような気がする一つの原因になっていると思います。

私が今でも異様に思うのは、愛用者は購入希望者に対し、執拗に「美顔器を購入してよかった」談を繰り返します。
肌が良くなったことから始まり、サロンでの出会いや、果てには扶洋に関わるようになってから人間が成長した…とまで付け加えます。

確かに、そういう風に感じることができた人達もたくさん居るのかもしれません。しかしはじめて来た人にとっては、いかにもうさんくさい宗教じみた感じに受け取るでしょう。

美顔器を売りたいなら話は美顔器の良さに終始すべきです。それ以外のことは、個人が勝手に感じることなのですから。

例えば、購入をきっかけにとてもステキな人間関係を築くことができたとしても、それはそれ、美顔器とは関係が無いのです。

そこをごちゃごちゃにしているところが、扶洋の良くないところだと思います。
でも、中に居る人たちは、それこそが扶洋の良さだと思っているみたいですが…。

私のデモンストレーター(扶洋の中で資格を持った人)はとてもはっきりと自分の意思を持ち、他人に惑わされることなく自分の考えで美顔器を購入し、10年以上も美顔器を愛用し続けている、信頼のおける人だったので、私は何も感じなかったのですが、後に「美顔器を買わされた」と言っている人の話を聞くと結構無理強いをするデモンストレーターだったということもありました。

知っている人もいるかと思いますが、美顔器を1台売ると紹介者などに紹介料のようなものが支払われます。これは、扶洋がテレビなどで広告を一切しないからで、セールスマンとなった紹介者に広告料のようなものが支払われるのです。
扶洋の中にはこれを仕事にしている人がおり、それは通常セールスマンに歩合があるのと同じようなものです。

ただ、やはりいろいろな人が居るので、中には相手のことを少しも考えず、売りつけてお金をもらいたいという人も居るでしょう。

扶洋の美顔器をいくら気に入っても、購入すればその時の紹介者とデモンストレーターとの関係はずーっと、皆さんが考えているよりずっと長い付き合いになるので、嫌だと思ったら、他の人に紹介してもらうほうがいいでしょう。
その時はハッキリ断り、紹介者にその旨告げるか、紹介者もずっと付き合っていきたいという信頼のおける人でなければ、次の機会を待ちましょう。探せばきっといい人がいるはずです。


posted by suzune at 14:48 | Comment(4) | 扶洋サロン

サロンと私

さて、私はというと…美顔器を1台も紹介して売ったことはありません。
何人か是非行ってみたいと言った友達だけサロンにご招待しました。
お金ももらえたら嬉しいですしね…(^-^;ゞ

一人は、オークションで美顔器を購入。二人は良さを実感しないとのこと。

「あ、そうですか」と言ってたらやはり売れないので、みんな少なからず無理強いしているのか?(不安)

サロン、サロンと何度も扶洋サロンの話が出ていますので、サロンとは何かをご説明しますと、会社が、愛用者のために用意したスペースです。コーヒー、紅茶、その他もろもろがただでいただけます。

扶洋サロンはたいていその街の中心にあるので、お買い物などで疲れたときに一休みすることも可能です。

サロンでは、購入者希望者への説明、体験(予約制で美顔器を体験できます)、購入者のフォローなどが行われています。

美しくなりたい(もうなった)女性達が各々着飾ってたむろっているので、初めての人はびっくりする人もいるようです…
私は、別に何も感じませんでした。
雰囲気は良いです。

私は基礎化粧品を購入する際に出入りします。

そのほか、いろいろな職業の女性達が集まっていますので、人間関係を利用することもできます。私もそこで知り合った人から(美顔器とは全然関係なく)仕事をもらったりしたこともあります。
様々なプロからいろんな情報をもらうこともできます。

posted by suzune at 15:30 | Comment(0) | 扶洋サロン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。